目次はこちら
パスワード
販売
お買い上げ
ありがとう
ございます!

「いろいろ・なる!」1−103

  • 2020.01.02 Thursday
  • 06:59

トラメイドとの両手(?)のつかみ合いが続く。その間にもトラメイドが少し
ずつ、むくむく大きくなり、それに対抗して自分も大きくなる。完全トラ同士の
格闘のはずなんだけど、おっぱいの大きいところもそうだがトラ風の人間の女が
つかみ合いの格闘をしているような風景になってきてしまった。


(何だ? 下にいるのは。。。?)


(犬。。。?)


足元を見ると茶色の柴犬が駆け回っている。それが、トラメイドの足元に絡み
つくように駆け回っている。犬から伝わってくる思念は。。。保奈美さんだ!


(邪魔してやる〜〜〜!!)


(お前は。。。そうきたか!)


(小さい者は踏み潰してはいけないルールだったよね? 潰すと充輝様に怒ら
れるよ!)


(あっち行ってろーーー!)


足元でトラメイドが柴犬をぼっていると、トラメイドの豊満なおっぱいの
ゼッケンが緩み始めた。


(あれ。。。。?)


トラメイドが後ろを向いた瞬間、背中にいたのはセキレイインコ! 博美さんだ!
ひもを引っ張って取れる寸前までいっている。


(広志さん、ゼッケンつかんで!)


(分かった!)


つかみ合った両手を振りほどき、トラの腕の一振りをゼッケンに向けた。その
瞬間、ぱしっとゼッケンは地面に叩きつけられ、トラメイドさんの豊満なおっ
ぱいが大きく揺れる。トラメイドは飛びのいて胸を隠す。。。


(アルファベット見っけ! ”G”だね?)


(。。。よくも引き剥がしてくれたわね!)


(試合終了ですよ。このメイドさんは元々貧乳だったんです。変身出来るように
なって胸ばかり大きくしてましたけれどね。)


(何てこと教えるのよ!)


(。。。。)


トラメイドは恥ずかしそうに後ずさりする。可愛い。。。そして自分が一瞬でも
憎しみを抱いてしまったことが恥ずかしかった。


(ごめん。。。悪気はなかったんだよ。。。でもトラメイドさんの言うことも
よく分かるよ。初対面だけど。。。あなたの言うこと気をつけるよ。)


(本当は普通の生活をしたかった。。。羨ましかったのよ、広志さんのことが。
普通じゃないメイド生活が、さらに普通じゃない変身者になって。。。でも、
変身者になるのも悪くないわね。ありがとうね、広志さん。。。)


(うん。。。それと、一応今”奈留さん”ということになっているから。)


(あ、そうだった! チェック完了。90点獲得ね。頑張ってね! それと
ここを出る時は3人ともトラ娘になって出て下さいね。)


(そうだね。トラって素敵だもんね。)


3人ともぴくぴくけいれんしながらトラ娘になっていく。豊満なおっぱいに
しなやかな体。頭の上に耳がぴょこんと立って、尻尾をしなやかに伸ばして、
きれいに髪の毛も伸ばしてトラ娘になって出て行った。


いきなり後ろから保奈美さんに抱き着かれ、おっぱいをもみもみされる。


「女の経験ないからこんな気分分からないでしょー?」


「いやだー! 気持ちいいー! 切迫感たまらないよー!」


「ほれほれ、あらぬ方向にも曲がるよ?」


「もうやめれ! 引き裂くわよ!?」


「おっと、ちょっとは女らしくなったね!」


「あ、そうだね。博美さんも自分って少しは女らしくなったと思う?」


「女らしくなったと思うけれど。。。いつもの広志さんもいいと思います。。」


「また”広志”言ったー!」


「もう”広志”でいいじゃない?」


つかの間の休憩。。。どんどん先に進んでいこう。

<< 「いろいろ・なる!」1−102 感想・ある方より感想を購入しましたので紹介致します。 >>
コメント
コメントする








    
いつもアクセス
ありがとうございます。


小説(官能小説)ランキング

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM